【旅を仕事にする方法】世界一周ブログでは稼げない理由

旅をしながらお金を稼ぐことが出来るのならば旅の期間を制限する必要は無くなる。そんな理想を叶えるための一つの方法として旅を仕事にするというのがあるが、旅ブログ(世界一周ブログ)の運営もその一つと言える。



現在、世界一周をしながら稼ごうとしている人は案外多くいて、その中でも旅ブログを運営することでお金を稼ごうとしている人は相当数いる。だが現実のところ、ブログで収益を得ることが出来ている人はほんの一握りであろう。

「世界一周ブログは儲かるのか?実際のところどうなの?」という疑問に対して、今回は主に「稼げない理由」について自分の知る限りを話していこうと思う。ちなみに稼ぎの基準としては月3〜5万円としたい。


【旅ブログで稼ぐには主に3つの方法がある】

世界一周ブログや旅ブログでは一般的に以下の3つの手段がとられている

①グーグルアドセンスを始めとするクリック報酬型広告
→広告をクリックされるとワンクリックに対して20円といった感じで報酬が得られる。当ブログに貼ってある広告もこのタイプ(アドセンス)

②アマゾンや楽天を始めとする商品購入型アフィリエイト
→リンク先のアマゾン等ネットショップで商品が購入されると紹介料がもらえる

③クレジットカードなどの商品をおすすめし、ASP経由で契約してもらう
→A8.netなどのASPを利用したものでサービス等の契約が行われると1件につき報酬が支払われる。旅ブログで扱われる主な案件にはクレジットカード、ポータブルWIFI、オンライン英会話など

どれもアフィリエイトの一種なのだけれど、ここでは主に3つに分けることにする。



【稼げない理由①】最も稼げる方法を旅ブログでは利用しづらい

上記で最も稼げるのは通常③のクレジットカード案件である。

例えばこの記事(世界一周に持っていくべきおすすめクレジットカード3選)を見てもらえば分かるが、読者がこの記事のリンク先を経由した先でクレジットカードを申し込んでくれた場合に紹介者(ブログ運営者)にキックバックが支払われるというもの。

クレジットカードの案件は高額案件が多く、一人紹介して5000円という案件も中にはある。

俺自身も旅ブログとの相性は良いのでは?と思っていたが、現実は残念ながら違う。クレカの案件はASPの審査が割に厳しく、いわゆる旅ブログでは掲載出来るクレジットカードの種類が限られてしまうからだ。

例えば、俺自身はこの記事に書いてある通り世界一周や長期の海外旅行にはセディナカードが最も良いと思っているのだが、セディナカードの案件もASPの審査が厳しく、俺のブログでは審査に落ちてしまう。

このように通常の旅ブログではASPの審査が通らないクレジットカードの案件が多いのだ。

上記の記事で次におすすめしている楽天プレミアムカード、これは単価が安い。多くの旅ブロガーなどがプライオリティパスをゲットできる楽天プレミアムカードをおすすめしているが、正直これは儲かる案件ではない。

このように旅と相性が良いクレジットカード案件を自由に使えないために、本当に利用価値のあるクレジットカードをおすすめしてキックバックを貰うということが難しい。



【世界新聞を例に見てみる】

世界一周を専門のコンテンツにしたもので最も稼いでいるサイトは、現時点ではおそらく世界新聞だろう。参考:世界新聞

世界新聞では記事一覧の上から3つを占めている「おすすめ記事」で紹介されている「三井住友VISAカード」「楽天プレミアムカード」「イモトのWIFI」の3つの案件に加え、クリック保証型広告での収益化をメインとしている。

そして世界新聞では、三井住友VISAカードを「万が一の病気の場合の備えとしてクレジットカード付帯の海外旅行保険を紹介する」という流れでおすすめしている。これはおそらく審査が通りかつ単価が高いという理由で三井住友VISAカードを勧めているのだと思うが、正直これは無理やり感があり上手い方法とは言えない。

世界一周旅行者が求めるのは「最も外貨引き出し手数料が低いクレジットカードはどれか?」であって付帯の海外旅行保険では無いからだ。そう考えるとセディナカードが一番なのだが、セディナカードは審査が通りづらい。なので三井住友なのだろう。

このように旅ブログでは、紹介料が高額のクレジットカード案件を獲得するには多少の無理やり感が出てしまう。

ただブランドは確立されているため「世界新聞で勧めている」という理由だけで盲目的に追加発行するクレジットカードを三井住友VISAカードにする人もいるため、それなりに稼げているとは思う。

ここまでのブランド力を得るには一個人では難しい。



【世界新聞に寄稿して稼ぐのは?】

世界新聞では記者として雇ってもらえた場合、世界各地の情報を記事にして寄稿することで1記事に対する報酬が貰える。世界新聞の記事執筆料は1記事1000円〜だそうだ(世界新聞記者の友人曰く)。

実績やPVによって原稿料は上がるとのことだが、これではあまりにも安すぎる。世界各地の現地の生情報を魅力的な写真とともに4000字程度も書いた1記事の報酬が1000円というのは理解不能だ。

ちなみに最近はキュレーションサイトの低品質コピペ記事を量産しているライターですら1文字1円くらいは貰っている。

ただ報酬は安いが、世界新聞に寄稿することで個人名や運営ブログを知ってもらうことが出来るため、世界新聞の読者を自サイトに流すことが出来ることは寄稿することの利点の一つだろう。例として北朝鮮という超レアな記事により自サイトへの流入に成功している三矢氏(my pace my life)がいる。

世界新聞から自分の運営しているブログにユーザーを流すということが可能である点以外では、情報価値・記事執筆の労力と比較した時の単価の安さから世界新聞に寄稿して旅の資金を稼ぐというのは無理があるだろう。

現状、各バックパッカーが書いた記事の内容は魅力のあるものなのだが、記事の投稿数や内容と比較し世界新聞のPV数が少なく原稿料を上げることが出来ないという理由もあるかもしれない。

もし、ネット上で大きくバズらせる(拡散させる)ことに精通した人間が運営にいればもっと大きく成長する可能性を秘めているし、月500万PVくらいは可能性としては十分にあると思う。そうなれば収益も上がり、記者への報酬も増やすことができるのではないだろうか。

現在の世界新聞は競合サイトがいないから運営できているが、競合サイトが現れ、記事の価値に見合った執筆単価で旅人を雇うことを始めたら優れた記者を他に取られてしまうだろう。そうなれば運営は厳しくなる。

・・・・なんだか話が逸れてきたのでこのへんで話を戻す



【理由②】アマゾンを始めとする商品アフィリエイトではあまり稼げない

アマゾンや楽天アフィリエイトを利用して稼ぐには、とにかくアマゾンに飛ばし、そこで(24時間以内に)何かしらを購入してもらう必要がある。ちなみに紹介している商品でなくても、何かしらアマゾンで購入してくれれば紹介料が入る。

アマゾンアフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に知りたければこの記事(世界一周に持っていくと便利なおすすめ持ち物はこちら)を見てもらいたい。

世界一周持ち物などの記事を書き商品のリンクをクリックしてもらいアマゾンや楽天市場に飛んでもらうというもの。この記事から飛んだ先で何かが購入されたら紹介料が入るというしくみになっている。

だが、アマゾンアフィリエイトは商品価格の2〜8%程度のバック率なのでちょっとした小遣い程度しか稼げないのが現実だ。

大量のPVを集めることができ、かつ定期的にアマゾン商品を紹介する記事を書けばある程度は稼げるだろう。だが通常の旅ブログでアマゾンや楽天のアフィリエイトで数万稼ぐというのは難しい。世界一周予定者なんて極めて少数であるし、世界一周の持ち物なんて一度見たら十分だからだ(数に限りがある)。

おすすめの本や小説、漫画などを紹介するという方法があるが、旅ブログ読者に需要が多くあるとは思えない。ゆえに月10万PVくらいのサイトであればアマゾンアフィリで頑張ってもせいぜい月1万くらいだろう。それに何度も興味の無い物を紹介してくる旅ブログなんて誰も読みたく無いだろうし、これメインで稼ぐのは不可能と思われる。



【クリック保証型広告がメイン柱】

上記のような理由から、普通に世界一周ブログを運営して月5万程度稼ごうとなるとグーグルアドセンスを始めとしたクリック保証型広告に頼らざるを得ないことになる。

だが月3〜5万稼ぐとなると相当数のPV(具体的には20万PV以上)があってこそ成り立つので、オリジナルコンテンツを作成しファンを獲得していく必要がある。

これに成功している旅ブロガーは金丸氏(オンザロードアゲイン)だろうか。

彼は知名度を生かし365日毎日更新することで旅ブログとしては結構なPVを獲得していると思う。月20万PV以上が目安(明確な基準は不明瞭)と言われているアドセンスの「関連コンテンツユニット」も導入していることから、彼のアドセンス収益は5万くらいはあるのではないだろうか。

だが彼のブログはSEOを一切無視したものであるため、検索流入からの読者を獲得できていない。それゆえにアドセンス収益を維持するためには毎日の更新がかかせなくなる。それは特定の読者が毎日アクセスすることで成り立っているためだ。更新しなければ収益は一気に下がってしまうだろう。

ちなみに実名顔出しで自分のブランディングに成功し旅ブロガーとしては知名度もある彼が、もしもSEOやマネタイズの知識を獲得し本格的にあのブログを収益化したのならば、今の5倍は収益が向上するのではないだろうか。


話は逸れたが、世界一周ブロガーがPV数を増やすためにはブログ村の世界一周ブログランキングではなく、SEOを意識した記事を書くことが重要になってくる。

検索流入からブログに来てもらえる人を増やせば、毎日の更新は必要なくなり、1記事に力を注ぎ、より高品質の記事を書くことが出来る。そうなればPV数も上昇し収益性も上がってくるのではないだろうか。



【上記3つの方法以外は?】

普通に考え付くのは上記3つになるが、他にもいくつか方法はある。やっている人は少ないがホテル案件の紹介もその一つだろう。

最近ではLCCも多く運航するようになり日本に近いバンコクや台北へちょっとした連休でも行けるようになってきた。そのため「バンコク おすすめ ホテル」といったキーワードでグーグル検索する人も多くなってきている。

ゆえにバンコク、台北を始めとする日本人がよく行く観光地の観光客が泊まるようなホテル案件を紹介する記事を入れていくのは有効な方法だろう。

ホテル案件の紹介記事を書き収益化に繋げるためにはバックパッカーが泊まらないような観光客向けのホテルに実際に泊まり、紳士で誠実なレビュー記事を書く必要があり、そのための出費も必要になってくる。

ただホテル案件の紹介はハイリターンだ。

例えばアゴダのアフィリエイトでは、紹介者にアゴダの利益分の35%以上(最大60%)キックバックするというものだが、予約する観光客は一気に全日程のホテルを予約する場合が多く、一度に10万円以上予約する場合もあるだろう。そのような場合は結構な額がキックバックされる。

ホテル案件の紹介は、旅ブロガー以外の競合のブログやサイトも多くあるのでグーグル検索で上位表示されるためには相応のSEOの知識が必要になる。簡単には上手くいかないかもしれない。

だが、自分の運営しているブログがある程度グーグルからの評価がついたブログに成長していれば、工夫次第でそれも可能になってくる。

最近ではグーグルの検索アルゴリズムが改善され、Retripのような低品質の記事を量産するキュレーションサイトが上位から外されるようになったため、旅ブロガーでも旅関連の主要キーワードで上位を取るチャンスはあると感じている。



【あとがき】

上記のような理由から旅ブログを運営し普通にマネタイズしているだけでは例え相当数のPVがあろうともアドセンスに頼らざるを得なくなる、ゆえに稼げない。とした論点で話を進めた。

今回は世界一周ブログが稼げない理由を題材にしたために、稼ぐ方法に関しては深く突っ込んでいない。だが旅ブログはマネタイズが難しいながらもホテル案件のように何かしらの方法はある。(もしも需要がありそうだったら書く)

今回の記事は世界一周ブログや旅コンテンツを運営してる人に少しでも役に立てば幸いである。

*こちらの記事もおすすめです→ネットで稼ぎながら世界一周することは可能か?




<この記事をシェア>

プロフィール

俺旅

Author:俺旅

・2015年に仕事を辞め旅を始める
・旅歴2年
・現在海外を転々としながら生活中
・文章書くのが好きです

Twitter(質問などありましたらお気軽にどうぞ)

メールフォーム

御用がありましたらこちらまで御願いします→メールフォーム

スポンサー広告